忍者ブログ
のんびりゆったりお気楽に
[131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に律子スレに投下してきました。

続きは下から。忍者ブログの追記はリンクが見づらいですのう。

「おはようございます、プロデューサー」
「ああ、こんばんは、律子」
「なんでこんばんはやねん!」
 すぱん、と響く小気味良い破裂音と、脳天に軽い衝撃。
「あいたっ。全く、朝一番からハリセンで叩くなよ」
「何を言ってるんだか。いつものことじゃないですか」
 小型のハリセンを鞄にしまいつつ、律子がしげしげと俺の顔を眺めた。
 そして、一呼吸置くと、眉尻が吊り上がって、くしゃっと眉間に皺が寄った。
「プロデューサー、また髪が寝癖になってますよ」
「本当か?」
「ちょちょいっと直しちゃうんで、ジッとしててくださいね」
 こちらが触れて確かめる前に律子が爪先立ちになり、すっと手が伸びてくる。
 自分でやるから、と遠慮してみても、「いいからいいから」と、押し切られてしまった。
「これでよしと。プロデューサーだって営業で顔見せするんですから、しっかり身だしなみ整えてくださいよ?」
 腕を組んで律子が下から俺を見上げる。頭一つ分も違うのに、妙に威圧感があるのは何故だろう。
 と、その脳天に糸くずがついているのに気がついた。
「そういう律子も、頭に何かくっついてるぞ」
「え? どこですか?」
 見当違いの場所をペタペタと触る律子の手に重ねるようにして、脳天の糸くずを拾う。
 悪戯心が湧いて、つやつやした髪に少しだけ指を絡めると、律子の眼差しに疑いの色が浮かんだ。
「ほれ」
 白く縮れた『証拠』を見せると、レンズ越しの視線が穏やかなものに戻った。
「どうも」
 律子が一礼する。
「クセっ毛がどうこう言ってた割には、サラサラしてるじゃないか?」
「んー、根元はいいんですけどね……毛先にいくに連れてウェーブになっちゃうんですよ」
 ほら、この辺とか、と言いながら、律子がお下げの先端を示した。手を伸ばしてそこに触れてみる。
「ああ、確かに、こことは違うな。こっちはサラサラなのに──」
「ウオッホン!」
 突然背後から聞こえた咳払いに、慌てて手を引いた。
「仲良きことは美しきかな……だが、しかし、だな……」
 おはようございます、と揃って頭を下げる俺達に、社長は何か言いたそうにしていた。
「どうしたんですか? 何かあったんですか?」
「……いや、いつも通り調子が良さそうで、何よりだ」
 低い溜め息が、オフィスの空気に霧散した。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こういうのを
こういうのを関係が温くなるっていうんでしょうかね。アイドルとプロデューサーとの関係という面で。
この2人からは緊張感のかけらも感じませんねw

一人間の付き合いとしては悪いようには見えませんが、この関係でより高みに登ることができるかといえば、果たしていかがなのでしょうか。

やっぱりこの2人には一生のパートナーがお似合いですよね。
僕はそう思います。
MAST URL 2009/05/07(Thu)00:39:15 編集
無題
もうぬるっぬるですよね、こんなんだとw

仲良しなのはいいんですが、けじめがついてない感じとも見えますなー、こういうのは。ゲームの最後がああいう終わり方になってるのは、こういったことがあったからなのかも……なんて考えてみたり。

二人がホントにプライベートでも心を許しあうようになるのは、765プロを離れてからでしょうなぁ。
2009/05/09(Sat)01:09:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
Twitter / 46no_kidou1004
プロフィール
HN:
夜の機動戦士
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1985/03/17
職業:
忍者
趣味:
音ゲー、読書、インラインスケート
自己紹介:
アイマスと音ゲーが好きなニコ厨的何か。
ゲーム以外だと英語が好き。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/13 MAST]
[08/31 夜]
[08/30 ヴィットマンP]
[08/28 陽一]
[07/25 MAST]
ブログ内検索